税理士のみちしるべ
税理士の選び方

税理士を選ぶ方法にはいろいろたくさんあります。そこで、税理士の選ぶ方法をご紹介します。

Point@

依頼してよかったと思える税理士というのは、
1: 単に経理業務を行うだけでなく、自分と同じ経営者の目線で一緒に考えられる
2:会社の状況に対して経理面からの分かりやすいアドバイスができる
3:通常の経理の業務以外にも何でも任せられる幅広い知識がある

などが挙げられます。単に顧問料が安いから、という理由で選ぶのではなく、多少顧問料が高くても安心して仕事を任せられる、信頼のおける税理士を選ぶことが一番重要です。
防犯がしっかりしている、防犯カメラの設置数が適切なことなども信用につながるポイントですね。

とは言え、これらは実際に業務をお願いしてみないと分からないことですから、税理士選びの時点では以下の点に注意してみると良いでしょう。 

1. 約束を守る
確定申告には申告期限があります。また、ビジネスにおいてスピードは重要です。待ち合わせ時間や決め事を守ってくれることは最低条件といえます。

2. 説明の分かりやすさ
税理士に委託するといっても任せきりはいけません。事業を軌道に乗せていくためにはあなたもきちんと経理の状況について理解する必要があります。あなたの質問に分かりやすく、的確にこたえてくれる人かどうか面会するなどして確認しましょう。

3.料金
良質な税務サービスを適正な値段で受けることが重要です。インターネットなどでは相見積をとることのできるサイトもありますので、報酬相場を確認しましょう。

4. 事務所の雰囲気
事務所に電話をしてみたり実際に訪ねてみたりして、どのような職場環境で税理士が働いているか確認してみましょう。横柄な電話対応などはもっての他です

5. 人柄
税理士とは継続的にお付き合いしていくことが一般的です。長く続く関係ですから、接しにくいということでは、お互いの仕事がやりにくくなります。話した印象なども参考にするのも良いでしょう。

このように税理士選びには、いくつかのポイントがあります。最適な顧問税理士を見つけてはいかがでしょうか

PointA

まず、儲かっている税理士であること。これは重要です。儲かっているといっても悪徳というわけではなく、みんなに選ばれている税理士、しっかり仕事をしてそれに見合う報酬を得ている税理士、ということです。税理士を選ぶ方は基本的に経営者だと思いますが、税理士もまた税理士業を経営しています。

自分の経営が上手くいっていない税理士に会社の経理を頼んでも、いいアドバイスはもらえません。
このためには多少顧問料が高かったとしてもそれに見合う仕事をしてくれる税理士を選ぶことも選択肢の一つです。

PointB

次に、その税理士を自分の会社で正社員として雇う気になるか、ということも大切です。税理士は経理業務や税務申告についてのみ外注する相手であり、また、国家資格という後ろ盾があるためその人柄まではあまり気にしない人もいます。しかし、税理士は会社の税務・会計面でのブレーンですから、一緒に会社をもり立ててくれるようなひとでなければ困ります。

結局は自分の会社で雇いたいような人でなければ上手くいきません。これは付き合ってみないとなかなか判断ができないものです。基本的には知人の紹介や、インターネットなどを利用してみるのもよいでしょう。

2017/5/18 更新