税理士のみちしるべ
税理士のQ&A

Q:税務署と税理士事務所はどう違う??

もちろんお分かりの通り、税務署は、税金の申告書を提出し、税金を払うところです。また、事業所に訪問して申告書の内容が正しいかどうかを調べる国の機関です。

税理士は、納税者の方に代わって申告書は書きますが、税務署のように企業を調べる権利などはありません。税金を受け取るところでもありません。稀に、「税金はここで払っていいですか」と言う方もいるそうですが、税理士は、税金の支払先ではありません

よく税務調査などで「税務署よりの考えだ」との感想を持たれた方は、税理士事務所は税務署の出先機関と勘違いされている方もいますが、そうではありません。

税務署を退職した人が税理士になれる??

税理士という国家資格を得るためには、@国家試験に合格するA大学院に行って試験免除をもらうB税務署に長年勤務するC弁護士・公認会計士になる、という方法があります。
税務署を退職された税理士もいますし、試験に合格した税理士もいます。直接税理士に出身を聞けばすぐに分かるでしょう。

税理士は税金のことなら何でもしってる??

税理士は、税務の専門家ではあります。がしかし、どんな税金でも詳しいとは言えません。主に担当する税金は、申告が必要な税金です。

法人税・消費税・所得税・相続、贈与税・事業税・法人、個人の県市民税が主な得意分野でしょう。
苦手な分野としては、印紙税・関税・固定資産税・登録免許税・自動税などが挙げられます。もちろん、個人差はあります。

税理士はうまく税金をごまかしてくれる??

以前は、税金をうまくゴマカシテくれる人が税理士だと勘違いされている方もいましたが、最近は少ないように感じます。税理士は、税金をうまくゴマカス仕事ではありません。「適正な納税」を使命とる仕事です。「適正な納税」とは、節税も提案しなければならないことも意味しています。
つまり、税金を多く払わせてはいけないし、また、税金を不当に少なくすることもしてはいけないのです。

大きい事務所と小さい事務所は何が違う??

同じ税理士の事務所ですが、やはり、違いはあります。つまり、特徴があると言うことです。

大きい事務所の特徴は、それだけ顧客が依頼している訳ですから「何か」ヨソと違う特徴を持っています。
長所としてみれば、経営者としての意見が聞ける・多くの事例を持っている・いろんな特化事業をしている・人海戦術ができるなどでしょう。短所としては、所長とめったい会えない・サービスが画一的になってしまう・詳しい質問の回答が遅い・組織の弊害などでしょう。

小さい事務所は、多きい事務所の反対の長所・短所を持っていると言えるでしょう。つまり、税理士と直接面会したり、訪問してもらうことは簡単ですし、柔軟に対応してくれる可能性が高いのではないでしょうか。

また、大きい事務所だから職員の質が良いと決め付けることも出来ないですし、小さい事務所だから税金に詳しくないとも決め付けることは出来ません。

大事なことは、依頼する前に率直に話し会って、ご自分の期待するサービスをしてくれるのかどうかを確かめることしかないでしょう。相性がもっと大切なような気がします。

おすすめWEBサイト 5選

Last update:2016/5/25