税理士のみちしるべ

-資格の時代-税理士資格

税理士は、国税局直轄の国家資格です。税理士の仕事は、企業に代わって税の申告や申 請、税務書類の作成や不服の申し立てなどを行い、税務全般の相談を受けることです。
この資格の受験資格は、大学・短大で法律学・経済学のいずれかを1科目以上取得した者、 簿記検定1級取得者など、その数13通りあります。

試験は5科目ですが、科目合格制を採用しているので、全5科目に合格すれば何年かかってもよいことになります。そのため、就業者でも勤めながら勉強をし、数年計画で取得しようとする人も増えているようです

また、女性の取得者も割合が多くなってきている資格でもあるようです。一人でも独立して開業することができる(会計事務所など)ような資格なので、独立志向の人や若年層の受験が非常に多くなっています。また、起業などに先立って、社会保険労務士や中小企業診断士などの資格も取得しておいて業務範囲を広げるダブルライセンスの人も少なくないようです。

この資格は人気があり、なおかつ合格率が10〜15%ほどです。そのため、独学以外にも専門学校や資格スクール、また通信教育など、さまざまな勉強法を選ぶことができます。ただし、資格がとれそうといっても、いずれも大変お金がかかってしまうので、独学以外は自分の懐と相談してからとなります。


資格試験 インターネット税理士

インターネットの普及と共に、インターネット関係の資格も現れてきました。なによりも有名な資格に、CIW(CERTIFIED INTERNET WEBMASTER)というものがあります。

この資格の試験は世界70カ国で実施されており、世界に通用する資格ということです。だれでも受験でき、1998年に始まってから現在、約8万5千人がこの資格を取得しています。
世界的資格とはいえ、この中でさらに区分されています。初心者から上級者まで、また、その職種によって選択するかたちとなります。受験費用が多少他の資格よりも高いですが、それでも今後さらに有用となってくる資格なのではないでしょうか。

税理士資格のとれる学校

資格を専門に勉強し取得できる学校があります。その代表が大原です。学校法人大原学園とは、大原簿記学校を代表とする専門学校、大学院大学、幼稚園などを擁する学校法人です。設置校とグループ関連校をあわせて、札幌から沖縄までに61の学校が存在します。

一般には「資格の大原」と称して、資格取得に強いことをアピールしている。 また、「本気になったら大原」というコマーシャル耳にしたことありますよね。本部は東京の水道橋にあります。 主な設置校としては、以下です。

・大原簿記学校 ・大原法律専門学校 ・大原法律公務員専門学校・大原情報ビジネス専門学校・大原情報ビジネス専門学校・大原医療福祉専門学校・大原スポーツ公務員専門学校・大原大学院大学(会計大学院)・府中ひばり幼稚園

「資格の大原」と称しているだけに、その取得できる資格の種類は多彩です。
資格をとって就職したいと考えている高校・大学・短大卒業生を対象にした専門課程コースや、短期間で資格取得を目指す社会人・大学・短大生を対象にした社会人コースなど、様々な資格取得までのコースがあります。

国の教育ローンや日本学生支援機構とも提携、また大原独自の奨学生制度、社会人講座の高校生対象割引制度、在学生割引、卒業生割引、家族割引など、学生の支援体制も整っています。
現在は資格の時代と言われます。専門の資格を取り就職に生かすのもいいのでは・・・。